最新リリース : The Black Dahlia Murder - Yule ‘Em All: A Holiday Variety Extravaganza | Chelsea Grin - Suffer In Hell | Bonecarver - Carnage Funeral | Dirt Forge - Interspheral | Envy - Seimei | He Is Legend - Endless Hallway | L.S. Dunes - Past Lives | Epica - The Alchemy Project | Guns N\' Roses - Use Your Illusion I & II

【まとめ】2020年1月のメタルコア必聴10曲 (解説付き) + 20曲!

Loathe – Two-Way Mirror
昨年の来日公演で多くのメタルコア/デスコアリスナーを虜にしたLoatheのニューアルバム『I Let It In And It Took Everything』は2月7日に発売されます。このアルバムに収録されている本楽曲は、Deftonesを彷彿とさせ、メタルコアとカテゴライズは出来ないと思いますが、こうしたサウンドをメタルコアに持ち込み、大きく成功する可能性があるLoatheは大注目だと思います。これから飛躍的に人気が出てくる事は間違いありません。

NOVELISTS FR – Modern Slave
ニューアルバム『C’EST LA VIE』が高評価を得ている彼ら。Arising Empireから大迫力のMVが公開されました。近代メタルコアのひとつの完成系とも言える彼らのサウンドは、プログレッシヴなフレージングがモダン・メタルコアグルーヴを織り成しながら、壮大なサウンドスケープで表現されています。いつの間にかバンド名がNOVELISTS FRになってたのも馴染んできましたね。

Volumes – holywater
新体制となって発表された本楽曲が人気です。ちょうど昨日来日公演も行い、多くのメタルコアリスナーがそのステージに感激したというツイートをたくさん見ました。メタルコアグルーヴモンスターとして数々のフォロワーを生み出したきた実力を感じますし、VolumesにボーカリストとしてカムバックしたMichael Barrのボーカルも凄まじくパワフルです。

TENSIDE – As Above So Below
3月20日にニューアルバム『Glamour & Gloom』を発表するドイツのモダン・メタルコアバンドTensideの新曲。母国での彼らの人気は凄まじく、年齢問わず多くのメタルヘッズから支持されています。実際に彼らの来日公演を担当しましたが、演奏レベルも高く、尚且つ人としても素晴らしく応援したくなりました。ニューアルバムを持って再来日してほしいバンドのひとつ!

MONUMENTS – Animus
ボーカリストAndy CizekとドラマーMike Malyanが加入してから初となる新曲はCentury Media Recordsから発表されました。ハイトーンボーカルの映えるシャープな音像で作られたプログレッシヴメタルコア。Napoleonが来日した時にメンバーみんな彼らのシャツ着てたのをふと思い出しました。これからリリースされるであろういくつもの新曲を聴く事がとても楽しみです。

Downswing – Breaking Point
Stay Sick Recordingsよりニューアルバム『Good Intentions』のリリースが決まっている彼ら。ハードコアといってもいいかもしれませんが、Lions LionsとかVannaとかのアメリカン・メタルコア/ポストハードコアの系譜で語るのが一番しっくりくるかと思います。アフリカンアメリカンのボーカリストの動きとかも最高にグッときます!

CIPHER – Dirt
今年出た楽曲ではないんですが、おそらく今年人気めっちゃ出ます。LoatheのConnorがボーカルとしてフィーチャーしてるのも面白くて、LoatheとかSuggestionsファンにはグッとくるサウンドスケープもあるので、ヘヴィメタルコアリスナーだけじゃなく、彼らのファンもしっかりチェックしておいて欲しいです!

INVENT ANIMATE – Dark
本楽曲は、Tragic Hero Recordsから3月13日にリリースされるアルバム『Greyview』から先行公開された新曲。アトモスフィリックな空気感を内包したプログレッシヴメタルコアでこれだけ強力なリフが刻まれるとデスコア以上の殺傷能力ありますね…。ボーカルワークも素晴らしく、早くアルバム通して聴きたくなります。

Kill The Lights – Shed My Skin
まさかのFearless Recordsとの契約を発表し、新曲「Shed My Skin」を発表した彼ら。確か2019年頭に出してたシングルがあったと思うのですが、それがとても良くて、どこか契約しないのかなと思ってたらまさかのFearless Recordsでした。クリーンボーカルの良さもそうだけど、メタルコアとしての完成度がかなり高くてびっくり。これはアルバム本当に楽しみです。

Savage Hands – Blue
SharpTone Recordsからデビューアルバム『The Truth In Your Eyes』をちょうどリリースしたSavage Hands。日本でもチェックしてた人多いと思いますが、アルバム最高に良くて、The Word Aliveとか好きな人はかなり好きな感じなんじゃないかと思います。日本からは出てこないタイプのバンドだし、SharpTone Recordsのバンドと仕事するのはとても好きなので、2020年来日してほしいバンドのひとつです。

ほかにもたくさん良い曲を発掘したので、是非チェックしてみて下さい🔽

>あなたのバンド、世界に広めます。

あなたのバンド、世界に広めます。

RIFF CULTのホームページやSNSへのアクセスは月合計50万PV以上あり、日本在住のメタル・リスナーが24時間265日アクセスしています。ニュース出し、インタビュー、ライブレポートなどRIFF CULTがサポート出来ることは様々。まずは一度メールにてご連絡下さい!

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。