最新リリース : The Black Dahlia Murder - Yule ‘Em All: A Holiday Variety Extravaganza | Chelsea Grin - Suffer In Hell | Bonecarver - Carnage Funeral | Dirt Forge - Interspheral | Envy - Seimei | He Is Legend - Endless Hallway | L.S. Dunes - Past Lives | Epica - The Alchemy Project | Guns N\' Roses - Use Your Illusion I & II

【まとめ】2020年2月のメタルコア必聴11曲 (コメント付き) +13曲

Code Orange – Swallowing The Rabbit Whole
メタルコアとして紹介するのは、あまりにも難しい。というか、彼らを形容する音楽ジャンルがまだ存在していない。衝撃的なサウンドで、2月26日現在70万回再生を突破しているCode Orangeの本楽曲ですが、3月13日にRoadrunner Recordsからリリースとなるアルバム『U N D E R N E A T H』に収録され、ミュージックビデオとして2020年2月に先行公開されました。ベースになっているのは彼らのルーツでもあるハードコアですが、現行メタルコアとは一味違うメタリック加減を絶妙に織り交ぜながら、多彩なインダストリアル・コラージュを組み込み、唯一無二のサウンドを作り出しています。インダストリアル/ハーシュノイズウォールサウンドがもたらす次世代のメタルコアの可能性はCode Orangeによってさらに広げられましたし、エクストリームなエレクトロミュージックとの親和性は高いはずなので、Code Orangeだけでなく、様々なバンドが可能性を追求していってほしい。

REFLECTIONS – SAMSARA
2月20日に待望のニューアルバム『Willow』をリリースしたReflections。本作収録曲のリリックビデオです。ゆったりとしたテンポとアトモスフィリックなギターワーク、その中に響くヘヴィなリフとNorma Jeanを彷彿とさせるボーカルが心地良いです。Volumesの復活と共に、彼らのカムバックは、2000年代後期からメタルコアを追い続けているファンにとってはたまらないですね (あとはStructuresが復活でもしたらとんでもない事になりそう)。意外とクリーンもハイレベル!アルバムも仕上がり良すぎました。

https://reflections.bandcamp.com/

August Burns Red – Defender
4月3日に発売となる待望のニューアルバム『Guardians』から先行公開された楽曲のミュージックビデオ。変わらぬAugust Burn Redらしいメタルコアですが、4分手前でテンポダウンするブレイクダウンがかなり心地良いです…! こうくるだろうとは思いもしないところでのテンポチェンジしたブレイクダウンってやっぱり良いな。

Polaris – LANDMINE
2月21日にニューアルバム『The Death of Me』をResist/SharptoneよりリリースしたPolarisの先行シングル&ミュージックビデオ。現在オーストラリアでは彼らがメタルコアシーンの中心におり、特にライブパフォーマンスにおいて、格の違いを見せつけています。本楽曲もキャッチーなパートをベースに、迫力あるサウンドプロダクション、特に楽曲後半においては鳥肌の立つほどに破壊力があります。

Dealer – Tourniquet
4月に来日が決定しているオーストラリア出身ニューメタルコアバンド、DealerがなんとサプライズEP『Saint』を今月突如リリース。RNR TOURSで彼らの来日公演をサポートするのですが、新譜については僕らも知らなかったです…これは驚き。変わらぬDealerらしさを貫いていて、よりわかりやすくキャッチーなグルーヴが素晴らしい。おそらく、というか持ち曲数的に『Saint』からもライブでプレイするので、是非チェックしておきましょう。

<Dealer Japan Tour 2020 詳細はこちら>

Silent Planet – Trilogy
Solid State Recordsといえば、メタルコアリスナーが最も愛するレーベルかもしれません。Silent Planetの本楽曲は、古き良きメタルコアをプログレッシヴにプレイ、かつ2010年代初頭のメタルコア/スクリーモ/ポストハードコアの旨味も持ち合わせています。加えて3分辺りから始まるヘヴィパートも段違いのレベルの高さを持ち、アーティスティックです。これはSilent Planetにしか作れない曲かもしれません。

Dreamwalker – Arkadia
オハイオ出身プログレッシヴ・メタルコアDreamwalkerがDreamboundからリリースしたミュージックビデオ。凝ったドラミングはOceans Ate Alaskaを彷彿とさせ、それに呼応するかのような建築的ギターのリズムに圧倒されます。その影になってしまっているようではありますが、ボーカルもかなりハイセンスだと思います。Dayseekerらポストハードコア感も若干ですがあります。フルアルバムまでにチェックしておくべきバンドかと思います。

Nightmother – Vice Grip
In Dying ArmsのOrion StephensとBefore I TurnのAlex Anglisによるプロジェクト。ライブをするのかは分かりませんが、Orionは久々のアーティスト活動ではないだろうか。Born Of Osiris, Shokran, The Voynich Codeを彷彿とさせるオリエンタルな音色を散りばめたプログレッシヴ・メタルコア。こういうプロジェクト感あるサウンドプロダクションが好きな人も多いはず。

(このシングルのジャケット、Settle The SkyのA New Wayのジャケットと、い…一緒っ!)

https://www.facebook.com/pg/nightmotherband

Before I Turn – Only to Fall
Nightmotherでの活動も行なっているAlexを中心としたバンドで、ニューアルバム『Lovelorn』をリリース予定です。オリエンタルなプログレッシヴ・メタルコアで、かなり細やかなギターワークが印象的です。

Earth Caller – Push It
3月6日にニューEP『Crook』をリリースするオーストラリア/メルボルンのニューメタルコアバンド、Earth Callerかなりオススメです。Alpha Wolf以降のオージー・メタルコア、特に彼らはもっとヒップホップに寄ったスタイルがオリジナリティであるけど、いろんな可能性があるところが面白い。オーストラリアではないが、ニュージーランド拠点のハードコアバンドXileもニューメタルコア周辺リスナーに聴いてもらいたい。

Heartbound – Soma
今年の1月31日にニューEP『NOVA PROSPECT』をリリースしたドイツ/ハンブルグ出身の5人組プログレッシヴ・メタルコアバンドHeartboundのミュージックビデオ。Northlaneを彷彿とさせる楽曲の中で、ギタリスト2人の個性的なプレイが光ります。角の取れた粒立ちの良いメロディを意識して聴いてみて欲しい。Ghost IrisやEarthists周辺好きな方も是非チェックしてみて!

https://www.facebook.com/heartboundband

 

その他、チェックしてよかったメタルコアバンドを下部に紹介しています!

>あなたのバンド、世界に広めます。

あなたのバンド、世界に広めます。

RIFF CULTのホームページやSNSへのアクセスは月合計50万PV以上あり、日本在住のメタル・リスナーが24時間265日アクセスしています。ニュース出し、インタビュー、ライブレポートなどRIFF CULTがサポート出来ることは様々。まずは一度メールにてご連絡下さい!

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。