最新リリース : The Black Dahlia Murder - Yule ‘Em All: A Holiday Variety Extravaganza | Chelsea Grin - Suffer In Hell | Bonecarver - Carnage Funeral | Dirt Forge - Interspheral | Envy - Seimei | He Is Legend - Endless Hallway | L.S. Dunes - Past Lives | Epica - The Alchemy Project | Guns N\' Roses - Use Your Illusion I & II

【Review】SNFU – Something Green And Leafy This Way Comes (1993)

SNFU – Something Green And Leafy This Way Comes (1993)

5年振りのリリースとなった4枚目フルレングス。89年にバンドは一度解散。Teddは地元に帰郷、Kenはバンクーバーへ移住して、新たにThe Wongs and Little Joeを結成しバンド活動を行った。CurtisとBelkes兄弟はWheat Chiefsを結成。91年にライブ音源やEP収録曲をまとめたコンピレーションアルバムを発表した事をキッカケにSNFUは再びメンバーチェンジを行い、ドラマーDave Rees、ベーシストRob Johnsonを加え、Epitaph Recordsと契約してレコーディングを行った。プロデューサーにはJoe Peccerilloを起用、アートワークはKenが担当している。Wheat Chiefsがプレイしていたキャッチーなメロディックロックをベースに、Kenの個性的なボーカルがしっとりと展開する新しいSNFUサウンドを展開。

>あなたのバンド、世界に広めます。

あなたのバンド、世界に広めます。

RIFF CULTのホームページやSNSへのアクセスは月合計50万PV以上あり、日本在住のメタル・リスナーが24時間265日アクセスしています。ニュース出し、インタビュー、ライブレポートなどRIFF CULTがサポート出来ることは様々。まずは一度メールにてご連絡下さい!

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。