最新リリース : The Black Dahlia Murder - Yule ‘Em All: A Holiday Variety Extravaganza | Chelsea Grin - Suffer In Hell | Bonecarver - Carnage Funeral | Dirt Forge - Interspheral | Envy - Seimei | He Is Legend - Endless Hallway | L.S. Dunes - Past Lives | Epica - The Alchemy Project | Guns N\' Roses - Use Your Illusion I & II

【インタビュー】2020年上半期という時間 “Matsuno from PROMPTS”

Matsuno from PROMPTS

2020年も半分が終わろうとしております。その内の約半分は新型コロナウイルスの影響により全世界的にライブ活動が出来ない状況となりましたが、Matsunoさんにとって、どのような時間になりましたか?

こんなの修行ですよね、ただの(笑)
元々リリース予定があったのでこれは強制アルバム製作期間だと捉えて日々、白目のダルマのオジキと化しながらパソコンと向き合っていました。その甲斐あってか前よりも一段と日本語が喋れなくなりました。

この半年で聴いたアルバムの中で、良かった作品を教えてください。

DEGRADER – The Wolf and The Serpent
STAY SICK RECORDINGS所属でこのバンドはかなり熱いです!ADALIAH、BARRIER、SEDITIONIST、SWORN IN(初期〜中期)辺りのサラブレッドなDNAを継承しまくったであろう変態的ゴールデンエイジモッシュコアSHITで正真正銘『漢』の音楽。

SHIVERS – Nightmare Conquers All
ロシアのダウンテンポ系バンド重鎮なんですが、ここ最近聴いた音楽の中でも突出してヘヴィ過ぎましたね。戦車とか操縦出来ないとおそらくこの音は出せないな、と。。BODYSNATCHER、TRAITORS辺り好きな人には間違いなくオススメで、まさに漢の音楽。

ORTHODOX – Let It Takes Its Course
1stも衝撃的だったORTHODOXの2nd。恐らくKORN、SLIPKNOT、COAL CHAMBERとかの暗いニューメタルに影響受けたハードコアというかメタルコアの文脈では確実に語れないフレージング・曲展開は脱帽必至もん。
CODE ORANGE、VEIN、SEEYOUSPACECOWBOY、WRISTMEETRAZOR辺り好きなら狂っちゃいます、当然漢の音楽。

THE WORST OF US – Wring Me Out
このバンドはバランス感最高でモダンかつヘヴィな中に割と初期のVOLUMES的なグルーヴも有りつつ、エモーショナルなパートは天馬空を駆けるが如きで伝説の叙情SEASONS IN WRECKAGE辺りも彷彿とさせてくれます!
DEGRADERのVo. featしてる曲も有りで仲が良いのも納得の音楽性。言うまでもなく漢の音楽。

WOLFPACK – A.D.
フランス出身、前作迄はモダンなビートダウンという音楽性だったのがDEALER、ALPHAWOLFに肉薄するピッチシフター連発系のNU-METAL〜DOWNTEMPOに驚異の突然変異。個人的にはリフや展開がこういうのもあるのか系の連発で、元々の音楽性好きな人は意見分かれる所だと思いますがそれが逆にユーロビートダウン経由したバンドにしか作れないオリジナルな音になってると思います!やっぱりこれも漢の音楽。

Matsunoさんがプレイしているジャンルとは異なる音楽ジャンルの中で、この半年でよく聴いていたアーティストはいますか?もしあれば、最近気になっているジャンル、聴いてみたいと思っているジャンルについても教えてください。

僕はジジイなので現行でHUM、DEFTONES、FINCH辺りの影響下バンドDIGってます。さらに言うとQUICKSAND、FAILURE、FAR、RIVAL SCHOOLS辺りの影響下系も。。

メタルコアでもLOATHE筆頭にVEXES、VARIALS新譜等々DEFTONESISHなバンド〜HOLDING ABSENSE、TIGERWINE、OCEAN SLEEPER等の往年のスクリーモライクなバンドが再燃してる感じありますよね。

その辺りの流れとHIGHER POWER、DRUG CHURCH、NARROW HEAD、TRADE WIND、SOUL BLIND、I WAS AFRAID等のオルタナ〜初期スクリーモの流れを組む若干HC寄りのバンドや、STATIC DRESS、DARKNET、DOWNSWING、SABELLA、MODERN ERROR辺りのモダンなバンドが共鳴しつつ2020〜2021年はFINCH/DEFTONES/GLASSJAW的リバイバルがバコっと来るんじゃないかと着目してます!

あとCHAIの新曲聴いてます。

映画や本で気に入ったものはありましたか?

「コクソン」「新しき世界」「生き残るための3つの取引」

映画主に韓国サスペンス/スリラーとかのワルめDIGってます。
韓国のそっち系の特徴としては、

「主人公が警官かヤクザの2種類しかなくて(ヤクザが実は警察のイヌの場合もあるので実質8割警官)、そして最後は打ち合いになって全員死ぬ」

というのが基本パターンなんですが、一回騙されたと思って観て欲しいです。
コクソンは違うけど。

https://eiga.com/movie/86059/

https://movies.yahoo.co.jp/movie/347498/

https://movies.yahoo.co.jp/movie/339231/

2020年下半期にはライブシーンが新しい形で戻ってくることを祈ります。Matsunoさんは2020年の下半期に計画していることはありますか?言えることだけで問題ありませんので、ファンの皆様にメッセージをお願い致します。

OUTERSCAPE RECORDSという自主レーベルを立ち上げてそこからアルバムのリリースを予定してます。

とは言いつつ、約半分の曲は去年出たEPの曲でそれに新しく数曲追加してという感じなんですが既に何曲かYouTube等で配信してます!

Prompts – “Tunnel Effect” (Official Music Video)

https://youtu.be/81P9yzq-J28

今回ゲストボーカルもスンゴ目かつ、他の曲もまさかまさかな感じでEP収録曲知ってる人も間違いなく昂ぶれる内容になると信じてます!

Twitter: https://twitter.com/promptsofficial
Instagram: https://instagram.com/promptsofficial
Facebook: https://facebook.com/promptsofficial

>あなたのバンド、世界に広めます。

あなたのバンド、世界に広めます。

RIFF CULTのホームページやSNSへのアクセスは月合計50万PV以上あり、日本在住のメタル・リスナーが24時間265日アクセスしています。ニュース出し、インタビュー、ライブレポートなどRIFF CULTがサポート出来ることは様々。まずは一度メールにてご連絡下さい!

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。