今週おすすめの新作 : 【Oceans Ate Alaska - Disparity】【The Callous Daoboys - Celebrity Therapist】【Miss May I - Curse of Existence】

Tomas Haake (Meshuggah) : バンドを表現する究極の”30秒”を語る

 

Metal Injection によるTomas Haakeの最新インタビュー映像が公開されました。このインタビューは「ASK THE ARTIST: Your Best 30 Seconds Of Music」というタイトルが付けられており、Meshuggahだけでなく、Anthrax、Motorsister、Dethklok、Honeybeeが自身の楽曲の中から30秒だけをピックアップするとしたらどんな楽曲がTeaserとしてぴったりかについて語っています。

 

Meshuggahには彼らの全キャリアを通して素晴らしい楽曲がたくさんあるが、間違いなく最大のヒットは2008年にリリースしたアルバム『obZen』のリードトラック「Bleed」だろう。この曲は「Future Breed Machine」に次いで2番目に多く演奏されてきた楽曲である。

 

Tomas Haakeはこの楽曲が最も多くの人をMeshuggahに引き込んだ曲であると語っている。しかし、もし彼が新しいファンへの入り口となるべきお気に入りの曲を選ぶとしたら、2002年にリリースしたアルバム『Nothing』に収録されている「Nebulous」だろうとしている。

 

 

Tomas Haakeはこのように続ける。

 

「ある意味、究極のTeaserとして30秒を選ぶのであれば、「Bleed 」でなければならないだろうね。「Bleed」の30秒は基本的にどれでもいい、キックがそれらしく鳴っている限りはね。バンドがどうのこうのという話ではないけど、ティーザーとしてならね (初めて聴いた人は「なんだ、これは!」と思うだろうけど)。そういう意味では、「Bleed」はぴったりだと思う。

 

個人的なことを言えば、「Bleed」を一度も演奏する必要がないことを望んでいるんだ。でも、やらなきゃいけないんだ。Meshuggahの他の側面として、もっとスローでアトモスフェリックな曲とか、そういうものをとても気に入っていて、例えば『Nothing』の 「Nebulous 」は、よりスローで不気味でダウンチューンな曲で、「Bleed」のような曲とは全く異なる雰囲気を漂わせる。

 

>あなたのバンド、世界に広めます。

あなたのバンド、世界に広めます。

RIFF CULTのホームページやSNSへのアクセスは月合計50万PV以上あり、日本在住のメタル・リスナーが24時間265日アクセスしています。ニュース出し、インタビュー、ライブレポートなどRIFF CULTがサポート出来ることは様々。まずは一度メールにてご連絡下さい!

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。