最新リリース : The Black Dahlia Murder - Yule ‘Em All: A Holiday Variety Extravaganza | Chelsea Grin - Suffer In Hell | Bonecarver - Carnage Funeral | Dirt Forge - Interspheral | Envy - Seimei | He Is Legend - Endless Hallway | L.S. Dunes - Past Lives | Epica - The Alchemy Project | Guns N\' Roses - Use Your Illusion I & II

Dysmorphic 『A Notion of Causality』 (2013年 – Unique Leader Records)

  1. A Notion of Causality 04:33
  2. Suffer by Our Ancestors 03:35
  3. Penitentiary of Letdown 03:36
  4. Underlying Reality 03:29
  5. Sceptical Existence 04:16
  6. Cerebral Hemispheres 04:27
  7. Disenchantment 04:52
  8. Through the Eyes of Madness 03:43
  9. Deafening Screams of Pain 04:09
  10. A Frame Too Small 00:51
  11. Flavors of Unknown Spaces 04:04

2009年トゥールで結成。前身バンドNecroticismが改名する形で活動がスタートし、ギタリストEric Haure-Touzet、ベーシストJohann Sadokを中心に、ボーカルBaptiste、ギター/ボーカルJulio、当時Kronosでも活動していたドラマーQuentin Regnaultで本作を制作した。奇奇怪怪とした展開美を誇り、Nocturnusを彷彿とさせる複雑なメロディ、時折スラッシーに鋭く刻み込まれるリフがファストに躍動。「Penitentiary of Letdown」や「Cerebral Hemispheres」はテクニカル・デスメタルの美しさの極み。

▶︎Dysmorphic ディスコグラフィー & アルバムレビュー
2013 – A Notion of Causality
2018 – An Illusive Progress

▶︎Dysmorphic リンク
Metal Archives
Facebook
Twitter
Instagram
YouTube

>あなたのバンド、世界に広めます。

あなたのバンド、世界に広めます。

RIFF CULTのホームページやSNSへのアクセスは月合計50万PV以上あり、日本在住のメタル・リスナーが24時間265日アクセスしています。ニュース出し、インタビュー、ライブレポートなどRIFF CULTがサポート出来ることは様々。まずは一度メールにてご連絡下さい!

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。